.

    

南正時の日々是々日記
2024年6月 
南正時つれづれ旅のバックナンバー
本サイトのコメント、写真などは他のブログ、ウェーブサイト、特にwikipediaなどのWeb上に許可なく引用、転載を固く禁止します。
©Copyright.2014Masatoki MINAMI 2000〜2023


半夏生前々夜
6/30

中3日ぶりの畑です。大雨は夏野菜の成長を促すとともに雑草はそれ以上にのさばり、畑は荒れます。まずは畑の雑草取りから、パブリックゾーンの通路はだれも除草しないので、やむなく私が腰をあげました。トマトが鈴なり状態で、収穫時期を外した完熟トマトには「ひび割れ」も出ていました。この季節はやはり毎日通ってメンテナンスをしてやる必要があります。胡瓜、茄子はこれからです。赤大根は今夜「タコのカルパッチョ」と共に食べることにします。
半夏生”を前に夕餉は「蛸のカルパッチョ仕立て鉄道農園産野菜(レタス(ベランダ菜園)、赤玉葱、胡瓜、トマト)」と、自家製梅酒古酒の炭酸割。7月頭の「半夏生」ではタコを食べるならわしがあります。故郷越前では「焼き鯖」を食べる風習があります。タコはスーパーの鮮魚売り場ですが、野菜はすべて「鉄道農園産」の野菜で決めました。
中3日ぶりの畑です。大雨は夏野菜の成長を促すとともに雑草はそれ以上にのさばり、畑は荒れます。まずは畑の雑草取りから、パブリックゾーンの通路はだれも除草しないので、やむなく私が腰をあげました。
 トマトが鈴なり状態で、収穫時期を外した完熟トマトには「ひび割れ」も出ていました。この季節はやはり毎日通ってメンテナンスをしてやる必要があります。胡瓜、茄子はこれからです。赤大根は今夜「タコのカルパッチョ」と共に食べることにします。
       
 久しぶりの畑では収獲多し。トマトが完熟です。夕食は半夏生にちなみ「タコのカルパッチョ仕立て」野菜とアペリティフの梅酒ソーダ―はすべて自家製です。  

■閉じこもり執筆中
7/1

 梅雨真っ盛りの7月1日の月初め。鉄博は内覧会前のひとときと、福井の写真集も校了したばかりで2-3日は骨休めと思っていたところ、8月に開催される第23回国際鉄道模型コンベンションに写真展とトークショーのオファを受けていて、その写真展のデーター執筆を開始。その前に主治医のところで問診と投薬を受けてきました。身体に異常は感じられませんがこのところ疲れがとれなくて。。^^。
夕方まで、模型コンベンションの執筆を続けておりました。
   
3日間に渡り「国鉄特急・ブルトレ、EU特急」写真展と、17日にはトークショーも行います。 
■半夏生
7/1

 7月5日からは忙しくなりそうなので、7月7日投票日の「都知事選挙」の期日前投票に行ってきました、今回の選挙は「みにくい選挙」ですね。与太者の集団の「立候補」者、「軍国主義」の仮面を被った候補者、もう選挙には行きたくありませんが、これらの人々を「撤去」するのが選挙の役割です。しぶしぶ夫婦共々行ってきました。投票後にランチをして買物をして帰りました。蒸し暑いので水分補給後に1時間ほど昼寝をして、少し原稿を書き始めました。夕食は「半夏生」にちなみタコ入りの冷やし中華。トマト、胡瓜などの野菜は自家製です。
       
 畑仕事で今日もたっぷりトマトを収獲しました。酷い都知事選挙でした。全候補者に喝を入れてやりました。夕食は半夏生にちなみタコ入りの冷やし中華。   
■酷い選挙
7/2

蒸し暑い朝、畑がカラカラなので用水の水汲み場を2往復、梅雨の晴れ間、トマトが真っ赤に色づいていたので収獲しました。 
都知事選挙の7月7日は出張なので、家内と期日前投票に行ってきました。まったくもってひどい醜い選挙です。行く気はうせていますが、国民の義務として出かけました。人をえらぶのに迷いました。終わってランチしてスーパーで買物して帰りました。後味の悪い選挙でした。
     
 重労働の水汲み場へ2往復。完熟トマトが穫れました。 期日前投票に行ってきました。醜い選挙でした。 
■酷暑の都心へ
7/3

朝から気温がグングン上がり神保町で地上に出た時は思わずクラクラ。インテリジェントビルにある出版社で緊急の打ち合わせ。この出版社で仕事をするのは始めてですが、顔なじみの編集者も多く、今回担当してくれるA女史も、かつて交通新聞社に勤務していたベテラン編集者です。ページ台割を作ってこれから仕事が始まります。
15時過ぎに新宿でアニメ監督とプロデューサーと打ち合わせ、アニメーション映画の「鉄道ミステリー」部分の監修と資料担当を仰せつかりました。暑いのですぐ冷房が心地よい京王ライナーに乗って帰宅しました。
     
 神保町の高層ビルの最上階で打ち合わせの後は、鴨そば食べて新宿でアニメ監督とアニメーション作品の打ち合わせ。  
■酷暑の都心へPartU
7/4

 畑仕事をしてから、今日も午後イチのアポのために都心、日比谷の日本海外特派員協会へ。担当のピーターさんと、「空鉄」の吉永カメラマンと三者でランチミーティング。打ち合わせが終わって、おりから廊下画廊で開催中の長編アニメーション「セロ弾きのゴーシュ」(1981年オープロ作品/高畑勲監督/才田俊次キャラクター設計作画監督)の原画、背景画展を開催中なので二人で鑑賞。この作品は近年再評価され海外や国内各地で上映のオファが来ているとという。とても良い作品だ。DVD BDはスタジオジブリから発売されている。
今日はラッシュになる前に京王線の特急にのんびり座って帰る。
     
FCCJのピーターさんとランチミーティング。「セロ弾きのゴーシュ」原画展を見る。同作品のメインビジュアル。    
■内覧会
7/5

 7/6から始まる鉄道博物館企画展「南正時作品展・Lエルの時代国鉄特急、大集合!」のメディア向け内覧会が開催されました。14時から地元FM局のNACK5「スギテツのGRAND NACK RAILROAD」パーソナリティ、スギテツの杉浦さんが会場をレポート収録。杉浦さんはバリバリのケイブンシャの大百科少年です。放送日は8月、くわしくは同局のHPをご覧ください。14時からメディア対応の内覧会、主な写真を紹介してメディア各社の取材を受けました。閉館後には今回の企画展L特急にちなみ、レストランでは「雷鳥」の食堂車メニューを再現したものの関係者試食会。同レストランの食堂長はかつて「雷鳥」の食堂車のチーフを務めた方で雷鳥食堂車名物のカニクリームコロッケやビーフシチューをワンプレートに再現、デザートには冷凍ミカンという念の入りよう。懐かしい味を堪能しました。ぜひ食べて見てください。
時事通信のトレンド動画より
https://www.youtube.com/watch?v=3q4tMNsqH24
       
 内覧会を前にスギテツの杉浦さんとラジオ番組の収録。内覧会のフォトセッション。列車レストランでL特急「雷鳥」の食堂車再現メニューを試食。日本食堂の懐かしい味でした。   
■鉄道博物館企画展初日
7/6

 鉄道博物館企画展「南正時作品展・Lエルの時代国鉄特急、大集合!」の初日。いきなり午後からギャラリートーク(ツアー)が始まりました。やはり国鉄特急の人気は衰えておらず定員オーバーの方々がツアーに参加して下さいました。国鉄カラーのボンネット、食堂車などに興味津々でした。先ごろ廃止された381系「やくも」が最後の国鉄形特急だったので、その記憶も新しいところから賑わったと思われます。その「やくも」はキハ181系から381系の国鉄時代までが展示してあります。15時にギャラリーツアーが終了し、図録も沢山売れてそのサイン会を終えて、明日に備えて鉄博を後にしました。折からの酷暑と片道2時間の“通勤”を考え夏季は大宮のホテルに泊まることなしました。
帰りは帰りはゲリラ豪雨で外にでれない状態、駆けつけて下さった友人の大崎順介さんと大宮駅ルミネのレストラン街でビールを呑んで「雨宿り」。
     
初日からガイドツアー始まる。展示会場の写真を説明しています。写真提供・鉄道博物館・米屋こうじ   
■ギャラリーツアー
7/7

 二日目は朝がのんびりできるので朝食後にチェックアウトして東武野田線を少し散歩。大宮公園まで行き鉄道沿線をスナップ。鉄博に10時過ぎに行き、学芸員と午後のギャラリートークの打ち合わせ。
午後から本番開始。今日は日曜日のせいか小さなお子さんの家族づれが目立ちました。一人の男の子は「雷鳥」の模型を持って見ていました。「雷鳥好き?」といったら「大好き!」と応えました。お母さんが図録を買ってきたので、終了後サイン会。参加者25名中、10人の方が図録をお買い求めになり、ひとりづつサインをしました。その様子を見ていた中年男性が売店に向い図録を買い求め最後のサインをしました。次回ギャラリー在廊は7月12日です。
       
 東武野田線をさんぽ。展示会場へは木古内町のキャンペーンのゆるキャラがご案内。二日目のツアーの様子、昭和の鉄道少年の勉強部屋が大人気の展示になっています。   
■酷暑
7/8

 あまりの暑さに鉄道農園の野菜にも変調をきたしています。私は植え時を早目にしたせいでダメージは少ないのですが、トマト、西瓜など特に被害が大きいようです。農園の契約が本年度で切れることもあり、この夏で撤収する人々も多く畑は雑草で荒廃しています。特に若いファミリーたちのオーナーの放棄が多いということです。
8時ごろから仕事を始めているのですが、仕事場は午前中はなんとかしのげるのてすが、午後2時ごろから西日があたり室温は34℃にもなり冷風機も役に立ちません。ノートPCを持ってエアコンのある居間で仕事をしなければなりません。そして夕食を終えて仕事場に戻り21時ごろまで執筆をしています。涼しくならなければ仕事がはかどらず、ペースも掴めないのです。今日は隣町の府中市は49.2℃でした!。
       
 暑さで野菜も変調をきたしています。仕事場で執筆を始めると午後1時には34℃になりました。エアコン部屋へ避難。夕暮れは綺麗ですが暑さはまだまだ^^;。   
新幹線60周年を涼しいうちに。
7/9
8時から仕事場で執筆開始。まだ31℃で、比較的涼しい風が入ってくるので冷風機で十分対応できます。60年前の昭和396月、17歳の私が初めて東海道新幹線を撮影してから60年目に、この本を書くことに大いなる嬉しさを感じています。この60年間には新幹線にまつわるいろいろな体験をしましたが、一番の思い出は「のぞみ」試乗会で島秀雄さんにお目にかかったことです。今回の本では島さんのことをタップリ書きたいと思っています。
   
仕事場の室温は31℃涼しい方です^^。新幹線の60年の軌跡を執筆中。  
■高尾山のヤマユリ
7/10

午前中に気温があがらないうちに原稿を執筆、仕事場の室温次第で執筆の進捗状況が変わるのです。12時までに8枚を書きました。
午後から家内とこの季節定例の高尾山のヤマユリを見に行きました。避暑も兼ねています。
 山道のところどころにヤマユリが咲き始め、間近で写真に撮ることも出来ます。暑い季節ですが、この時ばかりは癒されるのです。1時間ほどで山を降りて麓の茶屋で「高尾の冬そば」ならぬ、詰めたい「梅雨そば」を食べました。食欲のない時、冷たい蕎麦は格別です。
       
ケーブルカーで高尾山へ。山道の所々に咲くヤマユリは身近に咲いている。山から降りて「高尾の梅雨蕎麦」美味し。  
■車内吊り広告
7/11

 新刊書の執筆で仕事場に閉じこもりっきり。今日は比較的過ごしやすく仕事場の窓開放で仕事が出来る環境です。
鉄道大百科少年のK・Hさんから鉄博で開催中の企画展の宣伝広告が山手線に出ていた・・と報告がありました。世界一の運転本数と乗客数を誇る電車の広告はきって効果があると思います。ご報告ありがとうございました。
   
新刊本の執筆中、300系大好きです。山手線電車内の中吊り広告。K・Hさん提供。  
■「新幹線」女子部鉄博へ。
7/12

 今日はある鉄道会社の「新幹線女子部」の人たちが鉄道博物館に來るというので昼前後に対応しました。仔細は学芸部のN女史がお相手をしてくれました。列車レストラン日本食堂で食堂車復活メニューを試食して頂きました。私は昼過ぎに大宮から米沢に向かいました。大宮からの「つばさ」はE8:系新型電車で、営業車に乗るのは今日が初めてでした。夕方に米沢駅に着いて、明日は朝が早いので、レンタカーをピックアップして朝朝食も調達してホテルにチェックインしました。
       
 好評の鉄道少年の部屋に追加資料はピッカリコニカ、新幹線女子の方々が来館、いろいろ企画展をご案内しました。夕方のE8系「つばさ」で紅花の里へ。   
■紅花と新幹線電車
7/13

 朝6時にホテルを出て、板谷峠の入口の関根に向かいました。関根集落の外れには休耕田に「紅花」が植えられています。7年前に観光用「米沢市の紅花」として植えられたもので、鉄道沿線での紅花はここが唯一の所です。始めて訪れたのが4年前で、まだ宣伝もしておらず偶然車窓から見て訪れたものです。それまで「鉄道沿線に紅花」を求めてロケハンしたり運転士、車掌さんにその場所を聞いたのですが、紅花は山間の寒暖の差が大きい朝露の豊富な土地ということで鉄道沿線は皆無ということでした。ここ関根の紅花は観光用に栽培してあるので摘花も最小限度にして、長い間紅花と親しんでもろう、コンセプトで造園されました。紅花は特に早朝が見頃なので訪れたのですが、訪れた甲斐がありました。地元のお年寄りが摘花作業をしていました。この作業はなかなか見ることが出来ません。この日も7時には作業を終える・・とのことでしたが、快く撮影に応じて下さいました。ふと、ジブリのアニメ映画「おもひでぽろぽろ」の紅花の摘花作業を思い出してしまいました。
 7時を過ぎると臨時電車も走り始め、10時頃には今回のミッションを達成しました。昼前に山形市在住の鐡道友の会山形支部のTさんと合流して、沿線の撮影をしました。紅花はこの地点とは別に関根集落の線炉端の畑でも栽培されていました。ここは山間の紅花栽培の適合地なので自然な紅花と新幹線電車が撮れました。夕方の「つばさ」で米沢を後にしたのでした。
       
 早起きしたおかげで珍しい紅花の摘花作業を撮影できました。紅花とE3系「つばさ」、やがて新形E8系に世代交代をする。   
ラボ作業
7/14

 久しぶりに畑に行くと胡瓜、トマトなど夏野菜が沢山収獲できました。とても二人で食べられる量ではないので新鮮なうちに近所の一人暮らしのお年寄りにおすそ分け。
今日は一日中、昨日取材してきたデーターをラボ処理。RAWデーターで撮影した素材を現像ソフトで色などを整える作業で、一枚一枚丁寧に補正したり色調を調整します。昨日、「寝違えたか」後頭部が痛く首を動かすことも容易ではないので、湿布薬を貼付して少し症状は収まりました。どうも疲れがとれていないようです。
     
畑は夏野菜が豊作。データーの現像作業、おやつは高尾山の天狗饅頭。紅花の微妙な色合いを補正しつつ仕上げます。   
■閉じこもり
7/15

 米沢のホテルで寝違えたせいか、昨日から後頭部が痛く首を左右、上下に振ることができません。湿布を2枚ずつ貼って痛みをこらえていますが、仕事にも影響しそうです。
今日も、首の痛さと格闘しながら新刊本の執筆を8時から20時まで仕事場カンヅメでやっていました。




日記のバックナンバー