2013年8月2日〜6日
 日高本線・室蘭本線・石勝線など


 撮影機材
 キヤノンEOS5DMarkV・キヤノンEOS7D
IMEGE MONSTER2.0
 キヤノンEF24-105mmF4IS ・キヤノンEF28-300mm F3.5-5.6L IS USM

 
 久し振りに夏空が広がり、日高山脈が遠望できた。
本桐-萩伏間で、牧場の敷地内から許可を受けて撮影
   
サラブレッドの親子が集う 日高三石-蓬栄(左)
浦河-様似間の海岸では「日高昆布」の収穫が盛んで、昆布干しの風景が見られる。東町-日高幌別 

判官館岬・節婦-新冠 
判官館は新冠川河口にぞびえ立つ岩壁でおよそ800年の昔、九郎判官源義経が兄頼朝の迫害から逃れて蝦夷の地に亡命しこの要害の地に館を築き身を安めたといわれ、
義経に恋したピリカメノコが両親の反対に世を儚みここから身を投じたという悲しい伝説が残る。私は昭和40年代から何度かこの地を訪れ、C11や気動車などを撮ってきました。晴れた日はもちろん、霧の判官館も印象に残っています。

   
大狩部から新冠までは海岸線ギリギリに列車が走り高波が列車を洗うこともしばしば。
   
岩盤の崖の高さは約80メートル、その姿は見る者を圧倒するスケールで迫ってくる。
判官館自然公園の遊歩道を歩くとトンネルの真上の展望台があり、ここからは太平洋の絶景が望まれる。  
   
  室蘭本線 登別-富浦
赤い灯台をバックに「レッドペア」ことDF500のトップナンバーが通過。この場所はSL時代から訪れた私の定番撮影地。
太平洋を見渡す丘の上から撮影。このところの車両事故で、車両のやりくりがつかず、ニセコエクスプレスが特急「北斗」の定期運用に用いられていた。  
   
千歳線 美々-植苗
北海道に行き千歳空港を使うとき、帰りに空港にも近い植苗駅で撮影を締めくくります。
植苗駅は40年前、北海道旅行中の妻と、蒸気機関車撮影中の私が初めて出会った思い出の駅でもあります。
植苗駅の現状を妻に報告することもありますが、駅構内では上り列車が手軽に撮れるので重宝しています。
  ■取材日記
「かもめの映画館」
 
■今回の旅の目的のひとつは、浦河の「大黒座」という映画館を訪れることにありました。この映画館は大正時代から映画上映を続けており、今もフィルムによって名作を上映しています。アニメーション会社「オープロ」制作の長編アニメーション「セロ弾きのゴーシュ」がニュープリントで上映され、関連イベントが開催されました。港にも近く、カモメ鳴く映画館では、まるで山田洋次監督の映画の中にいるようなアットホームなひとときを過ごしました。
    
          判官館の展望台で田村宏さんと、旧国鉄広尾線愛国駅にて
■奇遇なこともあるのですね。今年の冬、釧網本線へ流氷を撮影に行ったとき、止別で富士フィルムのプロ担当の田村宏さんと偶然にお会いしましたが、今回も判官館で撮影中にまたまた偶然に出会いました。お昼をご一緒したり判官館の展望台にご案内しました。それにしても田村さんはすごい行動力です。二度も偶然に会っているのですから、私も行動力があるということかな。
   次へ
近況最新号 home