2013年6月14日〜17日
近江・西濃の旅より

 使用カメラ
CanonEOS5DMarkV・FUJIX10 28-112mm SuperFujinon EBC F2.0-2.8

CanonEF24-105mmF4L IS EF70-200mmF2.8L
マニュアル露出・ISO400 RAW-JPEG
   
麦畑には、ひばりがさえずり、蝶が舞う。偶然にモンシロチョウがフレームイン。伊吹は梅雨が明けたような夏空が広がっていた。
高速で走る鉄道ですが、のんびりと撮ることができました。
EF24-105mmF4 手持ち撮影
   
 田植えを終えたばかりの水田と、花畑が美しいコントラストを見せる。休耕田にやすらぎの花を植えた農家に感謝。
EF24-105mmF4 手持ち撮影
   
北海道かパリ郊外を思わせる風景は、新幹線の新しい風景になった。昨年までは一面の麦畑だったが、今年は水田に戻った。
EF24-105mmF4 手持ち撮影
   
琵琶湖を眺めながら次々とやってくる電車を写す、美しい日本の風景。
だが対岸の山の向こうの若狭湾には原発が乱立している。「想定外」の事故、活断層による災害、テロが起これば、この美しい風景はどうなることだろう?

EF70-200mmF2.8L 三脚使用
   
マンモスEF66も見る機会が減った。米原−彦根間。近江長岡−柏原間の「お立ち台」も私の好きな撮影場所。もう40年以上も通っている。
EF70-200mmF2.8L 手持ち撮影
   
大垣の実家近くの美濃赤坂駅には西濃運輸の石灰列車が専用線からやってくる。セキの長編成が広い構内を占拠する姿は今や珍しい日本の鉄道風景だと思う。
右は実家の前で臨時「117・ほたるトレイン」号を日没2分前に撮影(大垣−新垂井 6月16日18時43分撮影)

左・フジX10で撮影、右・5DMarkVEF70-200mmF2.8L
手持ち撮影
   
流し撮りは「動態視力」のリハビリには効果的で、積極的に行っている。EF210ひし形パンタの初期形。EF66も流し撮りに映える機関車だ。
EF70-200mmF2.8L 手持ち撮影
取材日記
  
 この旅では母親の1周忌法要や、関ヶ原古戦場で歴史取材も控えており、天気も心配で鉄道はどれだけ撮れるだろうかと、思いつつの撮影でした。梅雨の最中なので、連日、雨か曇りを覚悟していたので、梅雨らしい写真でも・・、と思っていました。ところが予報に反して梅雨明けを思わせるような夏空が広がる天気でした。そこで夏をテーマに気持ちを入れ替えて、夏場用の場所で撮影しました。その結果、新幹線沿線では思いもよらぬ風景を見つけたのです。この花畑は2日に渡って撮影に出かけました。
 関ヶ原では、敗軍の将「石田三成」のゆかりの地を取材しました。彼は敗軍のトップだったため、徳川家康と徳川幕府に末代まで「悪者」扱いにされてきました。実際はどうだったのでしょうか?。今回の取材では三成ゆかりの地を訪ねることによって、彼の人柄を知ることができました。
    
  三成が寺小姓佐吉の時代、秀吉との出会いは「三献の茶」によるもの。出生の地、石田地区に近い観音寺に、水汲みの井戸が現存する。右は、三成の関ヶ原の笹尾山の陣地。
    次へ
近況最新号 home