2013年2月24日・真岡鐡道「SLもおか号」撮影の旅
カメラ・目黒義浩・南正時

真岡鐡道・真岡―寺内
恒例の竹島紀元鉄道ジャーナル編集長(元)と行くSL撮影の旅が、栃木県真岡鐡道で行われ竹島さんをサポートする総勢7名が参加され、C12を追って関東平野を巡りました。そのご報告です。
参加者は竹島紀元ご夫妻、北村一、大崎順介、三浦衛、目黒義浩、南正時の各氏


竹島ご夫妻は北村さんの運転するC62・3号機(ベンツ)で出発。現地集合で大崎さんのレクチャーで早速デジタルカメラを駆使しました。
くわえタバコでカメラを持つ姿は往年の取材先での姿を彷彿させてくれました。編集長撮影の渾身のC12の走りのシーン。(カメラ・竹島紀元/寺内―真岡)
関東平野を吹き抜ける強風に煙も大きく変化する。途中でゆっくり間に会い快走するC12を撮影しました。茂木からの急勾配を力行するC12。
午前中の撮影を終えて夫人が愛用のCONTAXでパチリ。和気あいあいの夫婦鉄です。満足げな表情で午前中のロケ終了。
昼食前に道の駅「茂木」で地酒で成果を祝う三浦さんと大崎さんは鉄道ジャーナル時代から編集長の酒飲みサポーターでもある。
  
午後の上り列車のハイライトは有料(500円)の撮影地でのワンショット。500円の価値はある写真がモノにできる。
道路から眺める直線区間は流し撮りに挑戦。
撮影終了後は恒例の懇親会。小山駅前の寿司屋で舟盛りを前にSL撮影の余韻に浸りました。
すでにサポーターの世話人の方は次回のSLツアーを企画していたのでありました。どこへ行くんですか
次へ
近況最新号 home