2010年・沖縄の鉄道の旅から
沖縄県営鉄道・ケービン跡をたどる。

2010年2月24日〜26日
撮影データ
RICHO RX200 VF-1
f5.1〜15.3mmRICHO ZOOM LENS
絞り優先AE撮影・ISO200 RAW+JPEG


日本最南端の駅碑がある「赤嶺駅」を行くゆいレール 久茂地川に影を落として走るゆいレール
北谷駅手前、普天間川を渡る軽便橋、橋下の古い橋げた跡が干潮時に顔を出す。 宜野湾市立博物館に展示されている大山駅で発掘された客車の台車
(宜野湾市立博物館・所蔵)
嘉手納線大山付近の軽便跡、がけ下には多くの樋川(ひーじゃ・湧水)がある。 そのひとつ「ヒージャーガー」は大湧水の風景この真上に軽便が走っていた。
パイプライン通りには軽便のレール(レプリカ?)が保存してある。 与那原町の菓子店「いちゃりば」で販売している「ケイビン焼き」
与那原駅手前の風情ある「軽便道」(左奥へ) 終着の与那原駅はJAになり、駅前の雰囲気を残している。
糸満線、与座に残る高嶺駅跡は貨物駅としても栄えた。 高嶺駅跡の隅にある門塀にはおびただしい弾痕が残る。
糸満市大里のサトウキビ畑には築堤に使われたコンクリート台座が残る。
しっかりと現存する軽便の史跡だ。
糸満駅跡に奇跡的に残った駅便所。
込み入った住宅地の人目のつかない路地裏にひっそりと残っていた。
次へ
main home