日本を代表するアニメーター大塚康生さんは、少年の頃から鉄道が大好きで13歳の頃にはノートを持って山陽本線の各機関区を訪れて機関車をスケッチしていました。そのスケッチは2012年10月に荻窪のギャラリー「ゴーシュ」において、鉄道写真家南正時の機関車写真とのコラボ展示という形で、初めて展示公開されました。大塚さんの絵は当時、写真に残っていない貴重な記録で鉄道関係者からも高い評価を受けています。特に大塚さんはD52形機関車が大好きだったようで、描いた機関車もD52が多いようです。昭和30年代になると大塚さんは東映動画に入社して、わが国初のカラー長編漫画映画「白蛇伝」の作画を担当します。東京から故郷の津和野までの帰省時には米原や、吹田、広島などで途中下車して機関区を訪れて機関車を撮影してきました。それらの写真も今となっては貴重な鉄道記録写真です。

協力・大塚康生 なみきたかし(日本アニメーション文化財団代表) アニドウフィルム
     
昭和30年代初頭の東映動画に入社した頃の大塚康生さん。中は吹田機関区にて。右は米原駅構内でE102号機(青梅鉄道公園に保存)と。
大塚康生さんが13歳のときに下関機関区で描いたD52>
戦時形とあって除煙板は木製で代用されていた。当時は煙突の前の給水温器もなかった。
終焉間近の函館本線を走るD52
昭和47年6月・大沼駅付近で撮影 写真・南正時
昭和30年代初頭の吹田機関区はD52の天下だった。
珍しい集煙装置を取り付けたD52。巨大なボイラの上に取り付けられた車両限界を意識した形状の集煙装置がD52の特徴を表している。吹田機関区にて
東海道本線を驀進するD52と、吹田機関区で休むD52363号
山陽本線尾道市内を走るD52の貨物列車 昭和34年(1959)大塚康生撮影。同地点を走るEF210の貨物列車 平成24年8月撮影・南正時
山陽本線本郷―河内間を行くC59の引く急行列車 昭和34年大塚康生撮影。ほぼ同地点を行くEF210の貨物列車 平成22年撮影・南正時

平成25年1月30日・御殿場駅、山北機関区跡
写真協力・なみきたかし 金子由郎

ツアーに参加した、左から映像作家の金子由郎、南正時 大塚康生 なみきたかしの各氏
御殿場駅前に静態保存されているD5272号機。市内の湯沢平公園に保存されていたD52を2010年に御殿場駅前に整備して保存されているもので、
大塚さんは実に50数年ぶりにD52との再会でした。
機関車少年の興味は機関車が動き出すしくみにあるといいます。大塚さんはピストン、主連棒などの動力装置をこと細かに説明して下さいました。午後からは場所を山北へ移動して、機関区跡に保存されているD5270号機を見学しました。こちらの機関車は保存手入れが良く、動態保存も可能なのではないか・・と思われる機関車でした。
この日はポカポカ陽気で、一日中富士山が良く見えていたので御殿場線沿線で「撮り鉄」も楽しみました。大塚さんの「撮り鉄」も50年ぶりのことでした。
次へ
近況最新号 home