2012年10月に荻窪ギャラリー・ゴーシュで開催された「大塚康生・南正時の鉄道少年だったころ」の大塚さんの絵で、昭和20年(1945)7月18年に山口県下大野で描いた「三四郎列車牽引用」という機関車のスケッチがありました。展示会のときにこの機関車が所属する鉄道や路線は不明のままでした。鉄道史家や鉄道博物館の学芸員の方も仔細は不明ということでした。機関車はC102形で大塚さんの銘板スケッチによると米国ポーター社製No5681 1913年製と記録されています。後日、鉄道博物館の学芸委員の方から調査結果の資料を頂きました。この機関車は大正7年に小月−西市間18.2kmに開業、昭和31年5月に廃止された私鉄「長門鉄道」の機関車だったということです。廃止後はさまざまな鉄道を転々として現在は京都府の「加悦SL広場」に保存されているとのことでした。その資料と、展示のご報告を兼ねて午後から和光市南の大塚さん宅をお訪ねしました。大塚さんにはサプライズの報告で、資料を見てしばし絶句。13歳のときに見た機関車の実物(写真)と対面したのですから、その感慨はひとしおのものがあったのでしょう。何度も「懐かしい懐かしい」と写真に目を通していました。数奇な運命を辿ってきた機関車を見るべく加悦を訪れ機関車を確認してきました。
C102(長門鉄道)
長門鉄道を経て、昭和22年(1947)東洋レーヨン滋賀工場で入替用に使用、昭和39年(1964)まで稼動。同年、宝塚ファミリーランドへ寄贈され、カウキャッチャーなど整備されたのち展示保存されていた。製造会社:H.K.PORTER CO.(米) 1915年10月製造
昭和20年7月18日に大塚康生さん13歳のときに下大野駅(長門鉄道)でスケッチしたC102形。当時は「三四郎列車牽引用」として使用されていたという。銘板から書き写した製造会社などが記録されている。
昭和14年5月24日に撮影された101形(上記102形と同型機関車)。資料提供・鉄道博物館
加悦鉄道で保存されている101形。長門鉄道を経て、昭和22年(1947)東洋レーヨン滋賀工場で入替用に使用、昭和39年(1964)まで稼動。同年、宝塚ファミリーランドへ寄贈され、カウキャッチャーなど整備されたのち展示保存されていた。製造会社:H.K.PORTER CO.(米) 1915年10月製造 資料・加悦鉄道Web
次へ
近況最新号 home