2012年10月12日(金)〜10月31日(水) 11時〜18時 木曜定休 入場無料

「ルパン三世」を創った伝説のアニメーター大塚康生は、鉄道写真家の巨匠も創っていた!40年前の出会いが、ここに初めてのコラボとして結実し、蒸気機関車の魅力がギャラリーでばく進する!


昭和20年機関車のスケッチ旅行の大塚少年(自画像)

中央本線を驀進するD51 昭和42年撮影
   
  大塚さん近影。機関車絵を描いていた13歳の大塚少年。、 右モノクロ、大塚さんと仕事をしていた頃の南(撮影・大塚康生さん)

大塚康生
(おおつか やすお)

アニメーター、作画監督 日本アニメーション協会名誉会員
昭和6(1931)年島根県鹿足郡津和野町で生まれる。昭和26(51)年、漫画家を目指して上京。厚生省・麻薬取締官事務所勤務を経て、昭和32年日動の門を叩き、東映動画発足と共にアニメーションの世界に入る。以降「白蛇伝」「少年猿飛佐助」など初期の長編作品にメインスタッフとして活躍し、「太陽の王子ホルスの大冒険」(68)で初めて作画監督を担当し、監督に高畑勳を推挙する。東映動画退社後はAプロダクションに移籍し、TVシリーズ「ルパン三世」作画監督として、キャラクターとスタイルを設定した。その後日本アニメーションで「未来少年コナン」の作画監督をつとめた後、テレコム・アニメーションフィルムの作画監督をつとめるなど、各社で数々の名作を手がけた。現在はテレコム・アニメーションフィルムなどで後進の指導にあたっている。代表作は「わんぱく王子の大蛇退治」(63)「長靴をはいた猫(1969)(68)「パンダコパンダ」(72)「侍ジャイアンツ」(73)「ルパン三世カリオストロの城」(79)「じゃりン子チエ」(81)など。著書に「作画汗まみれ」(82)「大塚康生のおもちゃ箱」(96)「リトル・ニモの野望」(2004)等多数。


南正時
(みなみ まさとき)

鉄道写真家、紀行作家 日本アニメーション協会会員
昭和21(1946)年、福井県越前市(旧武生市)出身。昭和42(67)年、アニメーション自主制作のサークル「東海アニメーションサークル」(TAC)を結成。上京後はAプロダクション(後のシンエイ動画)に入社し、制作担当となる。同社の中心的なアニメーター大塚康生の蒸気機関車のスケッチや写真に感激し、以後本格的に蒸気機関車の撮影旅行に出かける。「ルパン三世」制作時に双葉社の「漫画アクション」に蒸気機関車の写真を連載し好評を得たことでフリーの写真家として独立。以後「鉄道ジャーナル」など各社の雑誌に国内外の鉄道写真やルポを発表し続けている。一方、アニメーションの研究家としても知られ日本アニメーション協会会員でもある。著書として「機関車・電車大百科」(ケイブンシャ)「オジサンの玉手箱」「寅さんが愛した汽車旅」「南正時のRailways」(クラッセ)「撮り鉄/入門中高年・初心者のための撮影術」「明治・大正・昭和懐かしの鉄道遺産を旅する」など多数。


昭和19年9月24日大塚さん13歳のとき小郡機関区でスケッチしたD5225号
大塚さんは大学ノートに下書きもせず戦時体制下の機関車のメカを万年筆でダイレクトに描いた。鉄道文化遺産に匹敵する貴重な記録である。

展示にあたっては大塚康生さんがスケッチした原画をデジタル化したパネルと、南正時が昭和40年代に撮影した蒸気機関車をデジタルリマスター化した写真を展示します。
ギャラリィ・ゴーシュ 
TEL 03-3393-3449
167-0051 杉並区荻窪5-10-22美好屋ビル2F
(JR、丸ノ内線「荻窪」駅・南口徒歩5分)

トークショー
ゲスト=大塚康生さん・南正時さん
10月13日(土曜日) 16時〜17時

主催・日本アニメーション文化財団 協力・アニドウ

著作権所有・大塚康生/南正時
次へ
近況最新号 home