2012年6月 八ヶ岳山麓の旅から
八ヶ岳からの雪解け水、湧水をたたえた水田はこの季節の風物詩。未来に残したい鉄道風景でもある。残雪の甲斐駒ヶ岳をバックに走る普通電車。
中央線でも小淵沢付近の車窓、鉄道風景は「日本の鉄道風景百選」(南正時選定予定)に選びたいほどだ。甲斐大泉ー清里間の大カーブの鉄橋直下にある湧水による吐竜の滝
撮影データ
キヤノンEOS5DMarkV EF24-105mm F2.8L IS/ EF70-200mmF2.8L
マニュアル露出 RAW-JPEG
■取材日記
鉄道の旅のつれづれに湧き水、名水の旅を兼ねたのが昭和48年の高森線を訪れたときのことでした。同沿線には阿蘇山の伏流水が湧き出る湧水が多く、その間を行ったり来たりの旅でした。小海線の取材では八ヶ岳南山麓の湧水と掛け持ち取材です。ローカル線の風情が良いところには名水がある、どこか共通したローカル線2路線です。小海線沿線の湧水は多くが名水百選に選定されていますが、小海線に沿ってはまだまだ無名の湧水も多く点在しています。しかし、地元の農家の方は山麓にゴルフ場ができて、下水が不備な別荘地、分譲地ができてからはすっかり飲まなくなったと言っていたのが印象に残りました。ローカル線共々、自然保護のバロメーターである湧き水をしっかりと守ってゆこうではありませんか。


湧水が注ぐ水田は小淵沢の大カーブの風物詩。
名水百選「三分一湧水」は甲斐小泉駅下車徒歩10分。
次へ
近況最新号 home