2012年5月21日
東京都目黒区・駒場東大グラウンドで撮影
昭和33年4月19日、小学6年生の私は故郷の小学校で「金環食」を観望しました。しかし、この日食では金環食は日本の西南諸島と八丈島に限られ私は部分日食を見ただけでした。ガラスにロウソクで煤を付けて「サングラス」の教材を自作して観察して見たのをはっきりと覚えています。それから金環食は私の憧れの天体ショーでした。その夢が今回、、ようやく叶ったのです。しかし相手は天気頼みでした。前日就寝前までは観望はほぼ絶望的な天気予報でした。が、奇跡は起こりました前線の大きな雲の塊が東海岸まで移動して薄曇りながら太陽が顔を出したのです。「ようやく夢がかなう・・」と私と家内は駒場東大の構内に向かったのでありました。
2012/05/21 6時:35分、右上が欠け始めた太陽がようやく顔を出しました。
2012/05/21 7時27分 大きく欠けた太陽が、やがて黄金のリングを作り出します。
2012/05/21 7時31分、金環食が始まりました。雲が多いのでNDフィルターを外して露出で調節して撮影を開始。
2012/05/21 7時32分 雲の動き濃淡が絶妙なる金環食を演出してくれました。
2012/05/21 7時39分 フィルターなしの方が良い写真が撮れました。
金環食を過ぎた月が移動して、やがて日食を終える。 2012/05/21 7時46分
写真の日時はカメラ内のデータによるもので必ずしも正確ではありません。
撮影データ
キヤノンEOS7D EF100-400mmF4.5-5.6L IS ×1.4エクステンダー 896mm相当
一部NDフィルター使用、露出、ピント合わせマニュアル データRAW+JPEG 三脚使用
金環食の終わりごろには月のベイリービーズ、火口凹凸状が見えた。トリミング使用
観測地点の駒場東大構内には近くの人たちが続々集まり日食を楽しみました。
新潟から金環食を見にきた家族は太陽を反射して観測。モニターに再現された金環食が大人気で人が集まりました。
次へ
近況最新号 home