2011年11月11日〜14日
会津地方観光支援の旅

「会津みしらず柿」がたわわに実っていた。どうも原発事故の風評被害で収穫できないままらしい。
会津高田の食堂の人情女将のもてなしでたらふく御馳走になったが、こんなにおいしい柿を食しない手はない。
会津鉄道・あまや-芦ノ牧温泉
 
キヤノンEOS5DMarkU キヤノンEF28-70 F2.8L USM WB雲 JPEG+RAW ISO400 手持ち撮影
今年の紅葉はイマイチだったが、西会津の秋の里山に鉄道は美しく映えた。
磐越西線・野沢―尾登

キヤノンEOS5DMarkU キヤノンEF70-200 F2.8L USM WBオート JPEG+RAW ISO200 三脚使用
会津の象徴的存在の磐梯山は秋色の面影が感じられず、まるで夏山のような雰囲気だった。
只見線・会津高田―根岸
キヤノンEOS5DMarkU キヤノンEF70-200 F2.8L USM WBオート JPEG+RAW ISO200 三脚使用
会津盆地の小さな「村の鎮守」のモミジが黄色く色づいていた。
只見線 根岸―新鶴

キヤノンEOS5DMarkU キヤノンEF28-70 F2.8L USM WBオート JPEG+RAW ISO200 手持ち撮影
画面では見にくいが、列車が近づくと草むらから赤とんぼが一斉に舞った。
磐越西線・山都―喜多方

キヤノンEOS5DMarkU キヤノンEF70-200 F2.8L USM WBオート JPEG+RAW ISO200 手持ち撮影
大川ダム・・というより私には桑原駅と言った方がピンと来る。
その桑原駅と集落は深いダムの湖底にある。
会津鉄道・芦ノ牧温泉南(桑原)- 湯野上温泉

キヤノンEOS5DMarkU キヤノンEF28-70 F2.8L USM WBオート JPEG+RAW ISO400 手持ち撮影
桑原集落付近は私が最初に訪れた昭和44年ごろから紅葉の名所として知られてきた。私が撮影している足元の真下のダム湖には桑原駅が水没している。
会津鉄道・芦ノ牧温泉南―湯野上温泉

キヤノンEOS5DMarkU キヤノンEF28-70 F2.8L USM WBオートJPEG+RAW ISO200 手持ち撮影
湖底に沈んだ鉄道・会津線桑原駅
      
大川ダムの建設によって上三寄と湯野上間は路線変更を余儀なくされ、深い谷合いの桑原駅とその集落はダム湖の底に消えて行きました。
写真右から、当時の国道から見た下り列車。現在のダム水位は山腹の左の白い部分に集落と芦ノ牧温泉南(桑原駅)があり、右の白い線にコンクリート橋梁(写真上)があります。
中の写真、現在、ダム湖に架かるコンクリート橋付近から撮影した下り列車。現在の橋はこの撮影地点の20m上にある。
右写真は、桑原集落を発車する上り列車。撮影場所も水没して、この上数十mに道路が出来ている。
会津み(実)しらず柿とは、葉のついている間に収穫して焼酎に漬けてシブを抜く。
今頃、実が残っているのは、やはり不思議な風景といえる。
会津鉄道・芦ノ牧温泉―あまや

キヤノンEOS5DMarkU キヤノンEF28-70 F2.8L USM WBオート JPEG+RAW ISO200 手持ち撮影
名残りの紅葉を見て「トロッコ会津浪漫」が走る
会津鉄道・大川ダム公園―芦ノ牧温泉南

キヤノンEOS5DMarkU キヤノンEF28-70 F2.8L USM WB雲 JPEG+RAW ISO400 手持ち撮影
夕方の喜多方駅を発車したC57は落日に向かって驀進してきた。ナンバープレートが西日に光る。
磐越西線・喜多方―山都

キヤノンEOS5DMarkU キヤノンEF70-200 F2.8L USM WBオート JPEG+RAW ISO400 三脚使用
秋の会津の風景をさがし出すのに必死だった。紅葉が美しければどこでも「絵」になるのだが、今年はそうもいかなかった。かろうじて「レンズテクニック」で風景を切り取った。
会津鉄道・芦ノ牧温泉南―湯野上温泉

キヤノンEOS5DMarkU キヤノンEF70-200 F2.8L USM WBオート JPEG+RAW ISO400 三脚使用
旧日中線熱塩駅。地域の人たちによって美しく保存されている。私は小さいローカル線の駅のなかにあって、美しい駅のひとつと思っている。喜多方を訪れたときには、ひと足延ばしてぜひ訪れてほしい鉄道文化財である。
キヤノン POWERSHOT G9でTV撮影、WBオート JPEG ISO400
特徴ある駅入り口の建築意匠。和洋折衷の名駅だ。改札口から駅前通りを見る。
キヤノン POWERSHOT G9でTV撮影、WBオート JPEG ISO400
思い出の熱塩駅
昭和44年12月撮影
駅構内で方向転換をするC11。喜多方行きはバック運転になる。機関車は梅小路蒸気機関車館に動態保存されているC1164号機。中、右写真は同ポジションから撮影。
中写真の小屋の奥の桜が右写真ではこんなに成長していた。
蒸気機関車が通り過ぎた後に、鉄路に残照が戻った。
磐越西線・喜多方―山都
 ■2011年秋、会津の旅
 
旧国鉄熱塩駅
 
今回の会津の旅は、連載中の「寅さんDVDボックス」の寅さんの旅の取材と、鉄道メディアを生業にしている写真家、ライター、編集者、デザイナーたちの親睦団体「どんこう会」の親睦旅行を兼ねていました。「どんこう会」の旅行に会津を選んだのは、原発事故の風評被害で衰退した会津の観光にささやかでも応援した気持ちがありました。私も、鉄道を通じて、何ができるか・・暗中模索の旅でした。うれしいことに会津の温かい人情は健在で、今までに増して私たちに接して下さいました。今回の旅で風評被害の実態もささかかですが、判ってきました。私たちが会津を訪れて、会津の人々と接することが最大の応援だと思います。どうぞ会津を訪れてください。

「正統派」鉄道カメラマンの第一人者荒川好夫さんと、撮影に半日ご一緒しました。
次へ
main home