私が愛用したキヤノンEOS IX EとキヤノンEXY320
IX E一眼レフは今も現役使用中(動態保存) 写真はキヤノンの公式HPより

APS(Advanced Photo System)は,1996年に発売されたシステムでした。カセットに収納されたフィルムには磁気記録層があり,そこには撮影日時,プリントサイズなどが記録できるようになっていました。ただ、APSシステムの開発はディジタルカメラの登場とほぼ時を同じくしているため、感材メーカー、カメラメーカーが次々に撤退、最後のフィルム供給メーカーの富士フィルムも2011年7月に「フジカラーnexia(ネクシア)400」の販売終了を決定、APSシステムはわずか15年で事実上の幕を閉じることになりました。
 私はキヤノンIXYシステムでAPSをメモ、スケッチ代わりに使用し、APS一眼レフのキヤノンEOS IX Eを仕事用に購入して、APSサイズの新リバーサルフィルム、フジクローム100ixを使用して「旅と鉄道」(鉄道ジャーナル社)の特集記事を取材したこともあります(結果は良好でした)。そのほかにも「旅と鉄道」ではAPSフィルムを多用して、APSシステムでの小型軽量での効率の良い取材に将来性を賭けていました。

  APSフィルムの整理
作例写真はノ―トリミングで、HP掲載にあたっては画像容量を小さくしてあります。
「どんこう会」の懇親旅行。旅行中の新潟交通でのスナップ、メモ、記念写真には重宝した。キヤノンEXY320 ネガカラ―
左から種村直樹、加藤佳一、富田康裕、南正時、川島令三、芳賀郁雄の各氏
NHKテレビ小説「すずらん」ロケの倍賞千恵子さん。留萌本線恵比島駅(明日萌)にて
1998年12月 キヤノンEXY320 ネガカラ―
女川駅。この旅は「旅と鉄道」の取材でした。スケッチにAPS IXY320を愛用していました。
終着駅女川駅。私にも思い出多い駅でした。IXY320
明け方渋谷上空のヘールポップ彗星。渋谷桜ケ丘の自宅浴室から。左手前渋谷初の超高層ビル「東邦生命ビル」(現渋谷クロスタワー)キヤノンEXY320 ネガカラ―
キヤノンEOS IX Eで撮影したヘールポップ彗星当時のEOS55と同様の性能を持っていた。ネガカラ―
「グランドひかり」東海道新幹線浜松―静岡(当時) キヤノンEOS IX E ネガカラ―
EL三重連イベントデ―。上越線にて キヤノンEOS IX E ネガカラ―
ブリエンツ・ロット・ホルン鉄道。ハイビジョン画角は風景写真には使い心地がよかった。キヤノンEXY320 ネガカラ―
世界一急勾配を誇るピラトゥス(PILTUS)登山鉄道 キヤノンEXY320 ネガカラ―
フランクフルト中央駅の大司令塔。キヤノンEXY320 ネガカラ―
高速新線を行くICE。コンパクトカメラでも走行写真を撮影した。キヤノンEXY320 ネガカラ―
『マコン谷』を快走するTGV-A編成重連 キヤノンEXY320 ネガカラ―
ル・クルゾー・モンシャナンの急勾配を走るTGVデュプレックス キヤノンEXY320 ネガカラ―
寝台特急「シティ・ナイト・ライン」車中で、一年前鉄道ジャーナル誌の列車追跡の同列車の掲載本を当日のクル―スタッフに手渡しする。このようなメモ的な取材には重宝し、カラープリントはそのまま白黒写真として誌面に活用した。
キヤノンEXY320 ネガカラ―
■今後の私のAPSデータの活用
ネガカラ―はカートリッジに入ったままなので、順次デジタル(JPEG)化を進めています。デジタル化したデータをパソコンの画像ソフトで補正することによって十分、印刷データとして使用に耐えることが確認されました。今後もAPSデータのデジタル化を進めていきたいと思っています。
次へ
main home