日本の鉄道風景を撮る


2011年10月12日〜14日

撮影データ
CanonEOS7D SIGMA DC17-70mmF2.8-4.5 /CanonEF70-300mmF4-5.6 STABILIZER
ISO100〜400 JPEG AWB 一部三脚使用

昭和15年に架橋された「旧最上橋」と左沢線。同橋は3連の美しいリブアーチ橋の姿で調和のとれたバルコニーと高欄が特徴で、山形県初の選奨土木遺産に認定。男はつらいよ16作で寅さんはここで渡し船に乗るシーンがあります。
17-70mmレンズ使用
大江町の最上川舟唄発祥の地付近を走る左沢線。
70-300mmレンズ・三脚使用
旧東海道線木曽三川で使用された、明治19年製ダブルワーレントラスを再使用している山形鉄道最上川橋梁 四季の郷-荒砥 70-300mm使用
霞城セントラルビル24階のトレインビューホテルから見た「つばさ」 
70-300mm使用
秋の陽は「釣瓶落とし」。米沢盆地は秋たけなわの実りの秋。17-70mm使用
下り一番列車は濃霧の中から現れた。羽前沼沢-手ノ子 70-300mm使用
■寅さん流旅日記

寒河江駅
寒河江では昭和50年秋に男はつらいよ16作「葛飾立志篇」のロケが行われました。今回は連載中の「寅さんDVDマガジン」の取材で寒河江を訪れました。寅さんは昭和50年に寒河江を訪れていますが、実はそれから17年前に、無一文の寅さんは寒河江駅前食堂で、親切な女将さんのほどこしを受けます。その恩に毎年、娘さんの学費にとお金を送り続けていたのです。女将さんの名は「お雪さん」。お雪さんは本編の中では登場せず寅さんの思い出の中の女性です。その娘が順子(桜田淳子)で、母親を亡くした順子は寅さんを父親と思い柴又を訪ねます。順子の赤ん坊しか知らない寅さんは高校生になった順子の顔を見るなり「お雪さんの子ども・・」と言い当てます。お雪さんは順子とそっくりな山形美人でした。寅さんは恋多き人でいつも恋をしてフラれますが、寒河江の「お雪さん」こそ、寅さんの永遠の「マドンナ」だったのではないでしょうか?。私の旅はいつでも寅さんの旅と現実の旅の境が無いので、お雪さんの寒河江の駅前食堂や、お雪さんの墓があるという慈恩寺を訪れました。しかし、寒河江駅と駅前のあまりの変わりようには、すでに寅さんが訪れる余地はないように思えました。この旅紀行は2011年12月20日発売の「寅さんDVDボックス」の男はつらいよ16作「葛飾立志篇」に掲載される予定です。
    
慈恩寺の仁王門と左沢線の沿線撮影にて。
次へ
main home