2011年9月8日〜10日
松本市・塩尻市地区


撮影データ・キヤノンEOS7D シグマ17〜70mmF2.8-4.5DC キヤノンEF70-300mmF4-.5.6IS
RAW+JPEG WBオート ISO100〜200 PLフィルター 一部三脚使用
安曇野にて 
E127系は安曇野にはミスマッチな電車だと思いますが、
道祖神のある安曇野の風景がそれをカバーしてくれました。
実りの秋
沿線で案山子を見つけました。「へのへのもへじ」の懐かしい案山子でした。この場所は2日間に渡って訪れ撮影しました。本番撮影のときは私のサマーマフラーでお洒落です。
天高く
高い秋の空に秋の雲が広がっています。久しぶりです。このような青空は。偏光フィルターを持参してきた甲斐がありました。
新蕎麦の季節
半日、蕎麦畑にいました。新蕎麦の季節はまだ早いのですが、無性に蕎麦が食いたくなり、ロケ終了後の温泉上りに蕎麦をたらふく食べました。
峠越えのブルーサンダー
峠越えの機関車が大好きです。日本三大車窓風景の眺望を眺めつつ、機関車撮影は至福のときであります。
スイッチバックの駅
今回の旅では電車に乗ったのは1回だけで後ろめたさを感じていました。せめて姥捨駅では入場券(硬券)を買って駅からの眺望を楽しみました。
残暑
上高地方面から松本に移動中に松本電鉄も撮りました。旧井の頭線の3000系です。地元(井の頭線)の電車だったので、愛情を込めて撮りました。
信州そば
洗馬を訪れるのは35年ぶりです。駅舎は木造平屋のままでした。洗馬―日出塩間には蕎麦畑が多く、ちょうど蕎麦の花が咲き誇っていました。畑にいた農家の人が、新蕎麦が採れるころ、いらっしゃい・・と声をかけてくれました。

■旅日記

 
今回の旅は、寅さんの旅を兼ねていました。中央本線日出塩駅では寅さんとD51重連が絡みます。駅舎は新築され、映画の面影はありませんが、下りホームの待合室は木造窓ガラスの古い建物で、寅さんが昼寝をしているような待合室でした。奈良井は「男はつらいよ」シリーズでは2度も登場します。2回ともD51が登場します。何となく寅さんとD51の相性を感じます。松本と安曇野地区は名水百選がある湧水の地です。当然、湧水も訪れました。今回の旅ではコンビニで飲料水は買わず、すべて名水百選で水分補給をしました。安曇野の水はとてもおいしく、市販のミネラルウォーターでは味わえない自然水でした。
         
                  奈良井宿
  
風穴の里の素朴な湧水。信濃常盤―安曇沓掛間のロケ地の「道祖神」
次へ
main home