2011年4月24日〜27日
予讃線下灘駅・男はつらいよ19作「寅次郎と殿様」(1977)の冒頭シーンが撮影されました。
大洲城をバックに肱川を渡るローカル列車 高松琴平電鉄・岡田付近・灌漑池と讃岐富士
予讃線 石鎚山−伊予西条 四国山地を背景に列車が走る。
穴吹川の清流を行く。土讃線・大杉−土佐北川 穴吹川の橋上にある「土佐北川」駅
明治25年製の「打除(うちよけ)鉄橋」は登録有形文化財。別子銅山跡鉄道をレプリカの遊覧列車が渡る。
■取材日記
 
今回の3泊4日の取材は、大洲市に「男はつらいよ」の寅さんの面影を求めての旅でした。この記事は2011年7月5日発売の「寅さんDVDマガジン」に掲載されます。もうひとつは、初秋に発行されるフォトエッセイ「昭和を旅する・鉄道遺産紀行」(仮題)の取材で、四国鉄道発祥の地多度津駅とその関連施設、別子銅山の鉱山鉄道跡を取材するのが主目的でした。幸いなことに前日天気に恵まれたこともあり、予備日を利用して鉄道写真も楽しみました。
          
私の40年間の「旅」は、寅さん、山田洋次監督と共にあったと思う。ほぼリアルタイムで「寅さん」の映画と歩いてきた。予讃線下灘駅は、流浪の旅の途中で、いい夢を見る駅である。寅さんが横になっていたホームのベンチは当時のまま現存し、待合室から寅さんが今にも現れそうであった。19作「寅次郎と殿様」は私の好きな作品のひとつで、下灘駅をはじめ大洲での取材は特別力を入れ込んだものだった
次へ
main home