2009年2月4日撮影
2011年3月11日・14時46分18秒、
東日本大地震発生

東日本巨大地震直後には、大津波が福島県新地町のJR常磐線新地駅を襲い、駅舎を破壊して電車が脱線・転覆した。幸い乗客約40人は偶然、電車に乗り合わせた県警相馬署の新任巡査の2人(斎藤圭さんと吉村邦仁さん)によって、津波が押し寄せる直前に乗客を約1km先の高台まで避難誘導して逃げ、奇跡的に命を取り留めた。最後のお年寄り数人を移動しているとき津波はすぐ後ろまで迫っていたという。

一日も早い鉄道の復旧復興をお祈りしています。

私は2009年2月4日から6日まで常磐線を旅した。いわきから各駅停車を乗り継いで「新地駅」で途中下車したのは、この駅の山側に平成の名水百選「右近清水」を訪れるためだった。「新地駅」は平野の真ん中にある駅で、下車してみて駅前には民家が数軒あるだけで、市街地までは1km以上も離れ、駅前からタクシーを使うのもままならない状態だった。たまたま駅前に常駐していた女性運転手のタクシーを数時間借り切ることで、名水を数カ所案内してもらい新地町を巡ったものだ。帰路の際、列車待ちのしばしの間、駅舎をじっくり見ると木造平屋の本屋が実に懐かしく感じられ、駅前広場から田圃に続く一本道も、いかにも日本の駅風景の趣きが感じられたものだった。

この駅名表示板の500m彼方に太平洋がある。 木造平屋建てのレトロ駅舎に私は魅せられた。
上りホームいわき側から駅構内を見る。列車は下り列車。 駅前通り、この付近から田圃の一本道が続く。
大津波は500mの所にある新地駅を呑みこみ、電車を破壊した。跨線橋だけがかろうじて残った。
左写真の左上に駅舎本屋の基礎土台が残っている。右写真は海側から見た駅前。駅前広場に電車が流されている。
参考写真は共同通信インターネット配信による
次へ
main home