吉野路の旅から
2010年11月28日
共通データ 
キヤノンPowerShotG9
キヤノンズーム7.4-44.4mmF2.8-4.8 IS シャッター優先AE ISO100-400 RAW+JPEG
朝の吉野川を行く
吉野神宮−大和上市
2010年6月運転開始された16600系 (Ace)
吉野神宮−大和上市
39作「寅次郎物語」で別れのシーンは大和上市駅で撮影された。 紅葉の大和路を行く万葉ラッピング列車「万葉の四季」
和歌山線・吉野口−北宇智

近鉄 大和上市駅
■取材日記
 「男はつらいよ」39作「寅次郎物語」はJR阪和線、和歌山線、近鉄吉野線線、ビスタカーなどが登場するレールロードムービーです。この映画はいわゆる「寅キチマニア」たちには評価されていませんが、この映画には寅さんの生い立ち、家族の大切さという山田監督の強いメッセージが込められている映画で、「母モノ」といわれた「松竹大船調」が色濃く表れています。私は大好きな映画です。メインロケは吉野で行われ、マドンナ(秋吉久美子)と寅さんの別れには大和上市駅が登場しました。駅前や駅舎はすっかり整備されましたが、ホームとトンネルは当時のままでした。山田監督は、ホームの外れにあるトンネルにこだわってロケ地に選んだと推察します。
次へ
main home