2010年8月の三池炭鉱・田原坂への旅から
HPアップでは写真容量を低下してあります。

三井化学専用鉄道

(旧三井三池鉄道)
2010年8月20日

撮影データ キヤノンEOS5DMarkU EF28-135mmF3.5-5.6IS / EF70-300mmF4-5.6IS
JPEG+RAW ISO100-200 手持ち撮影

RICHO RX200 ISO64 AVオート撮影
大牟田市内国道208号、旭踏切を行く東芝製凸形電気の引く貨物列車 折り返しは単機回送。逆光に映えて車へ威圧感たっぷりの機関車だ。
JR仮屋川操車場から貨物を引き宮浦駅に到着。 化学工場に向かう小型電機はスパークによる誘爆を防ぐため蓄電池車を従えている。

田原坂を越える
2010年8月22日
撮影データ キヤノンEOS5DMarkU EF70-300mmF4-5.6IS JPEG+RAW ISO100-400 三脚使用
30M「リレーつばめ30号」
西里−植木
532M (宇土−荒尾間のローカル列車)
田原坂古戦場から「リレーつばめ」を見る
植木−木葉
古戦場の「リレーつばめ」もあとわずか
植木−木葉
のんびり普通列車が走る田原坂の昼下がり ED76・1000番台の引く高速貨物3071列車
植木−西里
撮影日記
田原坂はこの日気温36度。熱中症が心配なのでクールビスの夏モノ白地の縮(ちぢみ)の着流し姿です。縮の生地は肌と生地の間に空間があるので風通しがいいのです。汗をかいてもベタつきません。それに白はスズメバチの攻撃も避けられます。ことしはスズメバチが多く、絶えず寄ってきました。撮影の合間に近くの湧水で汗を拭い、冷水で水分補給をして涼を取りました。今年の夏は特に酷暑で、列車の走りの撮影には苦労します。日陰を選び、短時間撮影を心がけ熱中症対策をしっかりして撮影を心がけています。
次へ
main home